ヒノ・サムライ研 - 日野コンテッサ&モータースポーツの歴史
(HinoSamurai.org - since April 1, 2004)


 今日、どの程度多くの人々は日野コンテッサと言うクルマを知っているでしょうか?

 日野自動車は第二次世界大戦以前から日本の工業立国のために大衆車製造を語り、その後フランスのルノー社と提携し、ルノー4CVの国産化、そして社運を賭け、精魂を尽くし、自社技術の日野コンテッサ1300を世に出しました。他社に先駆け世界に輸出を目指し、欧州でのコンクール・デ・エレガンスで毎年大賞を得、第二回日本GP(1964年)に国産初のフォーミュラカーで参戦、国産勢初のサファリラリーへの参戦や同様に米国ではセダンレースを仕掛けたていたことを知られているでしょうか?

 歴史とは単に語り継がれるだけでは、特定の部分が意図的に強調されたり、歪みを持って継承されてしまいます。過去にあったメディアによる “プロジェクト何とか” の世界では、得てして我ら日本人は、コトのホンの一部をまつりあげて涙の物語に浮かれてしまします。そんなことでは真実は伝わらないでしょう。最善の方法は、現物を持って、当時の現実を理解し、更にそれに今もって磨きを掛ける努力をしている連中(プロジェクト、モータースポーツ)が忠実に、点のデータをつなぎ合わせ、情報にして、真実の起源、歴史、現状を夢を持って語り、検証することです。

 本サイトはそんなことを目論み、目的としています。ビジネス面、産業面から見れば非常にマイナーな日野コンテッサについて、

  • 長期に渡り、共に生活する身から、また一人のエンスーの目として、クールに様々なことを明らかにし、
  • 日野の当時の努力を理解し、
  • そしてオーナーの尽力による現存する当時以上に現代の技術で磨きのかかったコンテッサ達のステータスを上げ、
  • 末長く、真の動態保存を目指す。

 日本の工業立国のための生まれた日野コンテッサの歴史について、文化的価値をもって次の世代に正しく伝えることが出来れば幸いです。

 永年に渡り情報整理に多大なご協力をいただいた日野自動車&関係者並びに情報提供いただいた友人たちに感謝いたします。(江澤:サイトオーナー、(以下、SE))

日野の当時の雑誌広告:モーターファン1967年2月号より

20180530 MF196703 LAGP

 日野コンテッサ1300の発売の時代、まだ高校生であった当時(サイトオーナー)、街で見たボデーライン(特にフロント)が低く見える流れるようなスタイルのコンテッサを、将来何時か自分のものにするのだ夢に見ていた。そんな中、このような広告を目にし、日野コンテッサ1300に対するイメージを変えてしまった。

 ヤワなクルマでなく、実はハードなクルマなのだと。

 サーキットの中でいかにも飛び出しそうなアングルに心が惹かれたのだった。本当にこのようなクルマを手にしたいと決意した広告であった。

 尚、ここにあるリバーサイドの写真には秘密が隠されていることを、25年を経て判明した。マーケティングの魔力は恐ろしいものだと思った。(別途記述)(SE)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研