コンテッサ1300の誕生、高品質車の展開 - The birth of Contessa 1300


日野の夢(ロマン):コンテッサに託して
Una Tragedia Della Contessa(イタリア語。「悲劇の伯爵夫人」の意)

4. コンテッサ1300の誕生


 コンテッサ1300は1964年(昭和39年9月)発表・発売となったが、1961年(昭和36年)5月、日野自動車工業(株)はコンテッサ1300に関する基本設計を決定し、その8月にはボディ設計を依頼したミケロッティ宛に大まかな要望書を送っていた。その頃、すでに次期エンジンの開発が始まっていた。それはコンテッサ900に比べて水冷リヤ・エンジン方式としては大きなエンジンのため、冷却という熱の問題に対する技術陣の熱い戦いでもあった。

chapter4 Eiffel

コンテッサ1300販売開始後、ルノーの本拠地でのパリーショー出展を前にして、
エッフェル塔と共にプレス向けの資料。
ミケロッティとの出会いはムッシュ・エッフェルの紹介だった。
そして、ルノーの技術をベースに熟成させたコンテッサ1300だった。
この一枚の絵の中にはそんな歴史の背景と恩師への尊敬の念を感ずる。


The birth of Contessa 1300


New - Hino's Dream、Entrusting to Contessa (In Working:2004.07.23)

4. The birth of Contessa 1300


The public announcement and sales of Contessa 1300 was in 1964 September, but Hino Motors, Ltd. (hereafter Hino) has been decided the basic design regarding Contessa 1300 in May,1961, then, in August, the overall requirment specification was sent to Michelotti which requests the body design. And the same time, the development of the new engine had already started. It was the technical challenge or war about the issue of the heat against the cooling as the engineer because of the big engine scaled up based on Contessa 900 as the rear engine.

chapter4 Eiffel

After starting Contessa 1300 sales in Japan, It was made an exhibition at Parry show in Renault's home ground, and this picture with the Eiffel Tower was distributed for presses. The encounter with Michelotti was Monsieur Eiffel's introduction. And it was CONTESSA 1300 ripened based on Renault's technology. Into this one picture, it is felt that the respect to a teacher and the background of such a history.

Notice: The text in this page is not interpreted by professional translator.
Please allow us some incorrect word or grammar.
Any your comments would be appreciated. (Site Owner)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研