日野コンテッサ1300 優勝 - それは夢、破れしか?


 最近、発売されたRacing on誌:No.470 (三栄書房) 、古の日本グランプリ Part IIの中の73頁の大月 裕二郎氏執筆の “時代に翻弄された侍魂” によれば、コンテッサ1300は1966年、「10月には当時でも世界最大級のレースだったロサンゼルスタイムズ・ミラー・グランプリの前座レースで優勝、1600ccくらいまでボアアップ」と当事者のピート・ブロック氏の弁の記述がある。もし、それが事実であれば、下記にある「コンテッサ堂々優勝!」とはどう理解すれば良いのか!

 当事者の意見を素直に理解すれば、1.3リッター・カテゴリーの競技で1.6リッターの排気量のエンジンを搭載していたことになる。レースとはそんなものだということで済ませばよいのか?それでは文面にある「侍魂」なぞ微塵も感じられない、あるいはそれを語ることすら軽べつをも感じるものである。

 さらに文面の「1600cc」エンジンについては大いなる疑問である。当サイトオーナーの検証では、およそ「1500cc」であると言いたい (こちらを参照) 。それは1990年代のオールドタイマー誌 (八重洲出版) の当サイトオーナーの “日野の夢、コンテッサに託して” の “サムライになったヤンキー、青い目の大和魂” を中心とした当事者への取材 (インタビューや資料提供) を経て、最終的に1500cc、およそ90馬力強 (日野自動車の実機の単体計測) であったことが、その後の長期に渡る分析で判明している。その裏書きを取るための実機も検証している。その意味では、Racing on誌の1600ccと言う当事者の意見はおそらく勘違いあるいは (意思を持っての) 誤った表現と分析するが、問題は、残念ではあるが草レースのような前座レースではあったものの「コンテッサ堂々優勝!」のその中味に対するアンフェア度になってしまう。

196704 Driver web w400 queation

1966年10月のLA TimesGPでの優勝を伝える当時の雑誌広告宣伝

(SE, 2014.4..22, Modified)
(SE, 2014.4.12, Original)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2015 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研