2016.7.31:私的耐久 (その2)

 この日は、金沢クラシックカーミーティングにエントリーしました。場所は、日本自動車博物館の駐車場です。

IMG 1853

 予想はされてたものも、晴天のもと実に暑い一日でした。持参の非接触デジタル温度計で炎天下の路面は60度越え。当サイトオーナーは許可を得てコンテツ後部に持参のタープテントを設営し、人車共々の日陰を設けました。テント下の路面は35度と穏やかな風と共になんとか年寄りが熱中症にもならず1日持ち堪えれるものでした。

 イベントは隣り合わせたデロリアンのオーナーさん達とテント下でクルマ整備談義、また特に軽自動車など小排気量エンジンの皆さんと補機類のパワーロスを避ける工夫を実機を前に大いに盛り上がりました。

 一方、見学者の皆さんはどうでしょうか、暑さでしょうか、多くは無言、ただただ写真を撮りまくり、室内にカメラを入れても何の声がけも無くと、会話も全く無く一般のイベントととは異なったフィーリング’でもありました。皆さんは無言でそんなに写真を撮ってどうするんでしょうか?オーナーと会話することなく何が理解できるのでしょうか!!!

 さて初めて参加の金沢クラシックカーミーティングはどうだったでしょうか?これ暑さのせいでしょうか?特段、何のドラマもストーリーもない、結果的に感動もないと、これは当サイトオーナーだけの印象だけではないと思います。

 そんな中、救われる話が一つ、印象的だったのはお一人の見学者でした。この人抜きでは500キロも走って遠い千葉からの参加は無意味だったでしょう。 


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2015 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研