ドラムブレーキ - ホイールシリンダー (1)


 最近(2006年5月当時)、ある縁でコンテッサ1300セダン・デラックス(車台番号はPD100-527379)の面倒を見ている。ブレーキ&クラッチのオーバーホールで気がついたことをメモしたい。

 当サイトオーナーは、てっきり前輪のホイール・シリンダーの内径が、日野の整備説明書(昭和39年9月1日印刷発行)の180頁(添付コピー)にあるように、13/16インチすなわち20.64ミリ、後輪が7/8インチすなわち22.22ミリと信じていた。

 ところがセイケン・クラシック(所謂、制研化学工業:製造元、明治産業:販売元)のホームページを見ると、前後同じサイズのように見えた。問い合わせて見ると、彼らの資料では前後ともに同じ13/16になっており、販売品は前後ともに共通品で13/16であると、色々とこちらの質問に対して、ご丁寧な会話をいただいた。

 そこでパーツカタログをあらためてチェックしてみた。確かにカップの品番は前後共通であった。但し、後輪については互換性のない旧品番も記述されていた。おそらくこれが旧品番の7/8である。

 それでは何時から何故、後輪が7/8から13/16に変更になったのだろうか?パーツカタログからは知る由がない。これが当時の運輸省の届出資料(315号)から明らかになった。一部構造変更として、「主ブレーキの前後輪のライニング寿命を均一化するため、前後輪のブレーキ配分比を変更します」、「開始車台番号はPD100-519300」。これで一件落着と考えたが、分析の結果、そうではないと、“ドラムブレーキ - フロントのホイールシリンダー (2) ” を参照されたい。

 結論として、車台番号がPD100-519300以前は、前輪のホイールシリンダーの内径は13/16、後輪のホイールシリンダーは7/8の異径であること、PD100-519300以降は、前後共通の13/16である。また、セイケン・クラシックのホイール・シリンダー・キットは13/16のみである。注文の際は注意されたい。また、7/8の場合は相談されることを薦める。

 尚、セイケン・クラシックのコンテッサのブレーキ&クラッチ関係のキットはホームページ(または電話)下記に。入手は直販ないし最寄りの販売店を紹介いただける。

参考資料:

  • 日野自動車、コンテッサ1300 整備説明書(S39.9.1印刷発行)
  • 日野自動車、コンテッサ1300 パーツカタログ C-5020(S41.5.1発行)
  • 日野自動車、運輸省届出資料(315号、S41.5.24)、自動車の構造・装置の変更について

セイケン・クラシック:http://www.mesaco.co.jp/seiken-classic/ 

wheel-cylinders w400

【日野の整備説明書(昭和39年9月1日印刷発行)の180頁から】


(SE, 2006.5.28 (オリジナル))
(SE, 2017.8.21 (改訂))

【関連ページ】

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研