燃料計の指針とタンクのガソリン残量


20090704 fuel guage 2

メータークラスターの左下に燃料計の現物

 コンテッサ1300セダンの燃料計の指針と実際のタンクのガソリン残量の関係は、1964年当時の新車当時から結構、オーナーの声として議論されているようである(参考文献(2))。これは曖昧というか、かなりおおらかなものと理解しておく必要がある。おおよそ以下のようと頭に叩き込んで遠出をしなければならない。

 実際には満タンで32リッターほどなので目盛り上の1/2は残量が12~20リッター、またEでは0(つまり無し!)~8リッターと結構レンジが広いと見るべきだろう。目聡いオーナーはすでに愛車のコンテツのメーターを性格を知っているだろう。そうでないビギナー・オーナーは今すぐに愛車の性格をテストしておくことを奨める。

 クーペの燃料計も構造的に全く同じなので、おそらくこの指針表示と似た様なものであろう。独立丸形で見てくれが良いから正確と考えないほうが良いだろう。

20090704 fuel guage 1

参考文献:

  • 昭和40年5月1日付け、Denso:日野ブリスカ1300用電装品について
  • 月刊自家用車、1965年5月号、座談会 - コンテッサ1300を審問する(P42-51)

(SE, 2009.4.30, Original)

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研