ミッション関係 - 実践編: ギヤシフトのオーバーホール


 トランスミッションのギヤシフト関係のオーバーホール、ハウジング、レバー、ブロック、ノブ、および関連部品含めて手を入れました。

 おそらく多くのコンテツのシフトレバーはこのようにサビは来てないでしょうが、すでに輝きを失せたものも見受けます。また、ミッション本体やリンケージのガタもあるでしょうが、シフトレバー機構のガタもあるものは修正が必要かと思います。本体はシャフトなど再製作すべきでしょうが今回、ここでは簡易的にクロームメッキでトライしてみました。本来は硬質クロームメッキなどが必要でしょうは、まずは実車でその結果を検証したいと思います。

【分解:まずは徹底的に分解】

20171009_1_Bunnkai_120171009_1_Bunnkai_220171009_1_Bunnkai_3

【クロームメッキの準備:メッキする/しない部分を明確にしておく】

20171013 1 to go Fuji


【クロームメッキ完了:コスパでは綺麗に、決して高望みをしてはならない!】

20171121 from Fuji


【調整:クローム利用でクリアランスの調整、紙やすりで3時間余りの作業】

20171022_1_Chousei20171022_2_Chousei

【クリーンアップ:Mothers他で表面のごみ取りとツヤ出し】

20171022_1_Clean_up20171022_2_Clean_up20171022_3_Clean_up

【組付け:シャフトのセンタリング、スプリングの圧縮の強さに注意、リバースの入り具合を左右する】

20171029_1_Kumitate20171029_2_Kumitate20171029_3Kumitate20171029_4_Kumitate

【まずはレバーの完成】

20171029 1 Kansei


【ノブのシフトパターンの修復:経年変化で文字&パターンがくすんでいる】

20171029 1 Knob


【ノブのシフトパターンの修復:まずは表面のキズ含めて修正&清掃後、大胆に表面に色を入れる】

20171029 2 Knob


【ノブのシフトパターンの修復:数分でやや乾いたところで表面をきれいに拭く】

20171029 3 Knob


【ノブのシフトパターンの修復:完全に乾いたらブレーキクリーンなど表面の拭残しを丁寧に取る】

20171029 4 Knob


【ノブのシフトパターンの修復:色はこのような修復用のペンシル型を使用】

20171029 5 Knob


【ノブのシフトパターンの完成:一週間ぐらいしてさらに表面を磨くようにクリーンアップ】

20171102 1 Knob Kanaseo


【全体の完成&取付:シフトレバー&ノブが綺麗に、これで戦闘準備オーケー!】

20171102 1 kansei

ノブの固定のため、念のためにLoctute、中強度を使用。


(SE, Original 2017.11.18)

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた
個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに
於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、
それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、
情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研