マフラー - コレクション


 マフラーコレクションとしてみたものの、書いている最中にゴミ同然のものでこれほど役に立たない情報はないと感ずる次第です。今ではイベントやネットでもステンレスの格好良いエキパイ&マフラーがコンテツにも見受けます。以下はこんなものがあったと言う程度でご覧にいただければ幸いです。


Muffuler 3

 スポーツキットのエキパイ、ステンレス製である。音はやはりステンレスの音であり個人的には好みの音色である。ただ問題は三つ、第1の結構、作りが粗く、マフラーのセンターと合ってないし、個体のばらつきが多い、第二に接合部分にひびが入ることあり、これはおそらくマフラーとの取付の状態によるものと思う、当サイトオーナーはひびは経験してない、第三は各気筒の長さが異なる、当時の何となくアメリカンV8のそれのようなデザイン、個人的にはこの点についてはあまり気にしてない。写真のものはメッキを入れてある、それも二度目のもの、焼けてきれいなゴールドになった。

Muffuler 4

 スポーツキットのマフラーである。ほぼ直感に近い構造。ノーマルのエンジンだと大したサウンドではないが、吸気系をチューニングしたエンジンだと結構ドスの効いた排気音となる。個人的にはコンテッサとして好きなサウンドである。長いテールパイプはちょっとした段差でこする可能性がある。また、中のグラスウールはすぐに駄目になるし、腐りが結構早く進行し、下部に穴が開く。昔に比べ、燃焼がきれいになった昨今では尚更だろう。当時がその都度ロウ付けで穴をふさいでいた。都合、二本駄目にした。爆音と言わないが結構威勢の良い音量であり、今の車検には疑問符が付く。実際、それぞれのテールには安価なサイレンサーを溶接して音量を下げていた。写真のものは、まだ未使用なもので、これを取付けて一度は音を聞いてみたいものだと、長い間、温存している。


EX DEL 1

 右の二枚は、今だ捨てられずガレージに鎮座しているエキパイである。1970年代初め、またコンテツでレースをするとチャレンジしていた友人からのものである。ノーマルのマニフォールド (manifold) に取付るもので、入手当時はこれに50cmぐらいの長さでちょうど、コンテツのリヤから出るくらいの一体のテールパイプ (メガホンではなく直径:50mm) が付いていた。このものの出所は日野のワークスであったデルレーシングとのことだった。

EX DEL 2

 ある時期 (80年代) 、このエキパイを生かすアイデアが生まれた。それは、当時、まだ入手が容易だったスバル1000 (Google "スバル1000 マフラー" ) の横置きのマフラーを利用し、コンテツ (デルダンティ・ツールング) のバンパーの下にぶら下げることだった。

 見てくれは、下の写真の通り、目論み通りに如何にもカスタム・マフラーここにありと主張できるものだった (自画自賛)。

 サウンドは見てくれの目論み以上に非常に良いものだった。友人たちの言葉を借りれば、“フェラーリのような音” だった。おそらくクランク&コンロッドをポリッシュしたいたせいでもあろう (こちらの動画を参照) 。

 結構楽しんだが、最終的にマフラー本体に腐食が出てきたのは致し方ないことでもあった。

DEL DANDY SUBARU 1000 Muffuler

Muffuler 2

 上記のスバル1000のマフラーが駄目になり制作したのが右にある簡単な形状のエキパイをもったシステムである。

 これもノーマルのマニフォールドに接続するタイプである。エキパイ自身は空冷ビートルのエキパイ、通称 "J-Pipe" (Google "air Cool VW J-Pipe" ) を3本利用し、溶接をした。長さに関しては、4-2-1のセオリー通りとした。

 マフラーは、ミニ丸山のミニ・クーパー用の中古 (当時のJCCAのニューイヤーミーティングで購入) である。

 サウンドは可も負もない、ごく普通、直菅ではあるが車検も問題ない音量であった。

 このシステム自体は長い間、何の問題もなく使用した。2000年を過ぎ、デルダンティ・ツールングと共に次のオーナーに嫁いで行った。


STD Evolution

 かなり醜くなってしまったコンテツの “準ノーマル” マフラーである。典型的に割れる箇所 (圧力が高く構造的に弱い) あるいは腐る箇所 (温度が高い部分) に溶接 (ロウ付け) をしたのはご覧の通りである。また、テールエンドを格好よく見せようと少し重いステンレスのマフラーカッターなどを付けようならば、容赦なくテールパイプの付け根がちぎれてしまい、そこも差し込み出来なくなり、溶接を施した。それでもさらに折れるという有様だった。満身創痍の末期的な状態である。

 ここに取り上げた理由は、“準ノーマル” マフラーとしたように、マニフォールド の形状に注目されたい。2/3番を外側に出し。1〜4番の等長を狙った形状である。ストックの設計はとにもかくにも熱を避けるための短くすることを意図し、1/4番は長け結果的に外側、2/4番を内側に極端に短い形状となっている。この “準ノーマル” 、実は4本、ホボ等長であるものの微妙に異なる長さ、これはアルファロメオのエンジンチューニング (Google "How to Power Tune Alfa Romeo Twin-Cam Engines for Road & Track" ) の教則本通りなのである。興味深いものである。このマニフォールそのもののは、当時の米国の日野レーシングチーム:チームサムライ側からの指摘・要請によって,日本側で製造して、供給されたものである。おそらくチームサムライでのレーシング・エンジン開発過程で、OHVエンジンの吸排気系の専門家の指摘を受けた結果と分析する。

 日野内部では、このマニフォールドを使用した通常のマフラーを組み合せたものを特別に制作していた。試験的な意味合いであろうか、それとも市販を目指したのかは不明である。日野の内部や関係者が使用しており、当サイトオーナーは縁あって、そのようなルートから74エンジンと共に入手した。

 日野の中で最終的にこの形状が評価されたかは知る立場ではないが、30度傾斜でマニフォールドを不当に不当長なものが熱対策と正当化されているようである。全体最適を考えればいささか疑問を感じる部分である。


Muffuler 1

 これは上記の “準ノーマル” のマフラーが朽ち果てたので、例によって空冷ビートルのエキパイ、通称 "J-Pipe" (Google "air Cool VW J-Pipe" ) を3本利用し、これまたアメ車のV8用の一般的なマフラーを利用したものである。基本的に4-2-1のセオリーを踏襲したつもりではある。

 米国ではこのようなマフラーは規格品みなたになっており、サイズがいくつかに統一されており、イン/アウトのパイプのサイズ&位置も同様に規格化されている。しかも、多くのベンダーは各社のノウハウ・特徴をもって販売している。しかも価格もリーズナブルであり、何年経っても同じ様なものを進化したもので購入できる。ただ、最近では、2インチ径のものの選択肢がやや難しいように感ずる。

 ここで使用したマフラーは、商品名がSUPER TURBOに進化している。内部の構造は、今も変わっておらず、dymomax社のHP を参照されたい。

201310 Alfa Inspection Muffuler View

 構造のシンプルさとそのリーズナブルさで選択をして購入はした。四半世紀も前の話しである。価格は米国ロサンゼルス郊外の巷の PepBoys で30ドルぐらいだったと記憶する。今でもGoogleで “17730 Super Turbo Muffler” と検索をすると、Amazon.com を始め、無数に見ることができる。

 その四半世紀も前に制作した写真のものは、今も健在であり、昨年 (2013年10月) の現車の公道復帰に際して,久しぶりに再登場いただいた。右の写真のように全身に白の耐熱塗装を施した。結構、静かなサウンドであり、当分はこのままで居たい。


SPL EX

 同様なマニフォールドを使用した例が右のものである。これはチーム・サムライで制作されたものの一つである。

 この形状の特徴は、エンジンルーム内部のエキパイ部分を最小化するために極力、エンジンルームから熱の出るバイプを外に出すようにしたものである。

 現車を入手した際に、サイレンサーを付けて装着されていた。ただ、サイレンサーの接続部に腐りがあり、近所の鈑金屋で補修をしてもらったら、写真のようにちょっと不格好なものが出来上がってしまった。

199007 Muffuler Rear View

 取付けた状態が右の写真である。記録では1990年7月とある。

 この最大限の努力をした外出し構造はエンジンルームの熱対策に大きな効果がある。ファンを掃き出しにしていたので必然的に考え出されたアイデアだった。この形状のエキパイはぜひ再度作り直して装着しようと鋭意考えている。また、写真のマフラーについても同様で、非常に軽量なもので、今では入手困難なので現物を利用して作り直すしかないだろう。

1967-5 FISCO Miffuler View

 このエキパイそのものを装着していたのが右の写真。車両個体そのものは異なるが1967年5月、日本GPのFISCOのパドックである。エキパイの上下位置が異なるのは、この時は、ローダウンのメンバーを使用していたためである。この写真のメガホンも今だ、温存をしている。





199510 Tokyo Motor Show L

 右のアバルト風のメガホンを装着した現車は1995年の東京モーターショーに展示した際に記録したものである。

 これ自体は右下の写真のマニフォールド&エイパイと中段のメガホンを組み合せたものである。と、言うよりは、本来は一体のものであった。それを当時のTACS (JCCA) 筑波に参戦するために音量低減&調整を狙ってスーパートラップ (下段) に置き換えられうように、また公道走行用にサイレンサー (上段) と改造したものである。

Muffuler 6

 この無骨にも見えるマニフォールドは、日野製のトヨタ向けのピックアップ・トラック、トヨタ・ブリスカ用 (1967年4月から1年間、1万台限定の発売) のものである。コンテッサ・セダンのエンジンで8馬力アップの一翼を担った改良型のマニフォールドであった。チーム・サムライの成果の影響を受けている部分と分析している。

 このメガホン付きにシステムは、実はFISCOで1970年までコンテッサ1300 "L" で参戦していたプライベータの個体からのものである。そのエンジンは、ストローカーの1,500 c.c.であったことを付記しておこう (別途、記述予定) 。


Muffuler 5

 右はトヨタ・ブリスカ用のマニフォールドとステンレス (二輪のエキパイを切断&溶接) のパイプでエキパイを作り、スポーツキットのマフラーを利用できるようにしたものである。

 これ自身はコンテツ大先輩のオーナーが作ったものでが、エンジンがお釈迦になり、その分解作業と共に譲り受けた

 マフラーは典型的に腐り、朽ち果てており、それ自身はもう利用すべきものでない。


Muffuler 7

 そこでこれをうまく再利用したいと、考えたのが、右のBorla社のマフラーとSuper Trapとの組合せである。重要なことは、このマフラーは上記の Dynomax 17730 と同じ規格のサイズ&取付関係である、

 これら自身は上記のブリスカ・マニフォールドを入手する以前から手にしていた。ただ、これにしたらどんなサウンドになるかなという興味だけだった。

 今だ、何もできない状態なので、おそらくこの先の何もすることがなさそうに思える。


Special One

【参考文献

【参考サイト

  • アバルト・マフラー (Abarth Exhausts):今でも60年代のマフラーがオーダー出来るようである。社はオランダに位置するようである。サイトの中を探索するだけでも楽しい。
    ==> 
    http://www.abarth-exhausts.com 
  • ANSA Automotive Exhaust Online Parts Catalog:1963年以降の社の販売部品の部品表を検索&ビューイングできる。他車のデータとかと取り付けなど詳細をみることが出来るので参考になる。
    ==> http://www.showmetheparts.com/ansa/ 
  • MONZA Muffuler:ANSAがオレンジならば、MONZAはイエロー、懐かしいものだが、今でも健在、旧い車種もあるようで頼もしい。
    ==> 
    http://pacesetterexhaust.com/monza-exhaust-systems-2.aspx 

(SE, Original 2012.3.3)
(Revised 2015.10.24)

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)vcvcvcvcv


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研