水温計の温度と指針


20090507 Water Temo Guage

メータークラスターの水温計の現物

 コンテッサ1300セダンの水温計の指針と実際の温度の関係は、1964年当時の新車当時から結構、オーナーの声として議論されており(参考文献(2))、その際に日野のサービスの回答もなされている。そのデータの背景になっている明解なものは以下のようなものである。

 実際には結構中心から左手に表示されるので低いのかと思うが80度を越えているのオーケーなのだろう。クーペの水温計は一応数字の表記があるが、おそらくこの指針表示と似た様なものであろう。

water temp indicator

誤差:60℃ ±10℃、80℃ ±10℃、100℃ ± 5℃、110℃ ± 3.7℃

【サーミスタ (センサー) について】

 GR100エンジンのヘッドについている水温センサー:サーミスタは水温計の関係は以下のようである:

thermistor 1

 サーミスタの水温に対する抵抗値の関係は以下のようである:

thermistor 2

 実機をテスターで計測してみる。以下は,エンジンを始動してない状態で、外気温と同じ程度で、水温がおよそ35度、サーミスタの抵抗値は,359オームを示す:

エンジンを停止状態、外気温と同じ程度で、水温がおよそ35度、サーミスタの抵抗値は,359オームを示すエンジンを始動して、水温がおよそ60度越えになると、サーミスタの抵抗値は,79.1オームを示す   エンジンが暖まり暖気状態で水温がおよそ80度越えになると、サーミスタの抵抗値は,45.4オームを示す

参考文献:

  • 昭和39年11月9日付け、デーラー・ノート:No.小-248
  • コンテッサ1300 整備説明書 昭和39年9月1日 及び 日野ブリスカ1300 整備解説書 昭和40年1月15日
  • 月刊自家用車、1965年5月号、座談会 - コンテッサ1300を審問する(P42-51)

(SE, 2009.4.30, Original)

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研