ホイールとタイヤ - 適切なるタイヤ?


196512 Taiyo p26

 当サイトオーナーのようにコンテッサ現役時代を知るものにとって脳裏にある日野コンッサ1300の見え方をよく表現したものの例として右のものがある。カタログなどもあるが、自然をバックにしたこのような写真の方が実車のリアル感がある。

 クルマ全体の姿勢・バランスである。もちろん、当時のコンテツ全てがこのようであると言っているのではない。オーナーそれぞれの味付けというものは当然アリである。

 しかし、当サイトオーナーにとってイベントなど様々なシーンで見かける現代のコンテッサともっとも違和感を感じる部分は、 “タイヤのサイズ (大きさ&太さ) ” と 車高のバランス“ である。ただし、ここでは “タイヤのサイズ“ だけを議論する。 “車高のバランス“ については別途議論したい。

コンテッサ用のタイヤは無くなってしまった!

 ことわざに昔から「女房と畳は新しい方が良い」とあるが、クルマのタイヤについても全く同様と考える。とは言うもののコンテツにとってそれは昔の話しであり、どうも最近はそんなに甘やさしいものではなくなった。消耗品であるタイヤは常にクルマの進化と同期して絶え間なく進化しているのである。

 コンテッサにとって、本来は5.60-13であり、しかし、バイアスタイヤは日本では入手できなくなっている。米国などでは’クラシックタイヤの市場から入手できるものの、それが好みのパターンかと言えばそうではない。やはり、当時のヨコハマ、ブリジストンなりのパターンを懐かしく思うものである。サイドのホワイトリボンにしてもヨコハマ、ブリジストンそれぞれ、幅が微妙に異なる。

 進化の一つとして、当時からラジアルタイヤは当然の選択肢である。むしろ、当時はあこがれの的でもあった。サイズ的にコンテッサには、直径をベースに165/80-13となる (こちらを参照ホイールとタイヤ - 実践編)。しかし、その165/80-13でさえも今日ではコンテッサに適しているかというと諸般の理由であやしくなっている。

今時のタイヤ!

 昨今は環境を考慮したECOタイヤと称されるものが全盛である。しかしそれはコンテッサにとって、サイドが柔すぎないかと感じるものである。このECOタイヤがどうも日本のガラパゴスの一つかと感じている。実際に使ってみてもどうもフィーリングがイマイチである。具体的にはハンドルの切れとシンクロしない、右の切っても少し遅れてコンテツの頭は右に向く、極端にはその先、ハンドルを左に切ると、まだコンテツは右に向かうという有様。当初は足の設定かと思ったがタイヤの性格と言うものに帰結している。おそらくフロント荷重の大きいFF車との考えの違いがECOタイヤに反映されてると考える。

 ではECOタイヤを諦め、もう少し走りに向いたタイヤに’目にやるとロープロファイルの問題が突きつけられる、すなわち扁平率の増加である。もうコンテツの適切な直径のタイヤはかなりのワイドなタイヤでなければならない。例えば、165/80-13に見合う直径の走りの60タイヤは何と205サイズになってしまう。これはとんでもない太さである。と言って、165とか175サイズにすれば直径が極端に小径になってしまう。冒頭のミケロッティの素晴らしいスタイリングのバランスもとんでもなく崩れることになる。

 これらはタイヤだけの進化ではなく、クルマづくり、具体的な足回りの構造や考え方の一体ものであると考える。足回りをどう変えれば良いのか、しかし、そのような問題にしたくない。だって、195と205のタイヤを装着しても足に負担かかるだけであり、そんな問題を考えたくない。もっと思うことはコンテッサにとって185いや175でさえも太すぎると考えるのである。それは次に記述する

先達に学ぶ!

 コンテツ時代のRR車のタイヤはどんなもののか、また空気圧の設定はどんなものだったのだろうか?コンテツの祖先にあたるRルノーの8, R8S, R8Gなど往年のライトウェイトRRに学んでみたい。以下に、それら各車の車重とタイヤ&空気圧を整理してみた。

クルマ 排気量 (c.c) 重量 (kg) 前輪 (空気圧) 後輪 (空気圧) 参照
Renault R8 1962- 1,108 *** 5.40 X 15 (14psi) 5.40 X 15 (26psi)*.5
Renault 8 GORDINI 1100 1965 1,108 795 135 X 380 (1.3kg) 135 X 380 (2.0kg)*.4
ABARTH OT1000 Spider Bertone 1966 982 714 5.20-13 5.20-13*.7
ABARTH MONOMILLE 1966 982 617 135-13 145-13*.7
ABARTH 1000 Bialbero 1966 982 567 5.00-13 5.50-13*.7
ABARTH SIMCA 1300 1966 1,288 633 5.00-13 5.50-13*.7
ALPINE A110 1100 1966 1,108 565 145-380 145-380*.7
HINO Contessa Coupe 1966 1,251 894 5.60-13 5.60-13*.7
HINO Contessa Coupe L 1966 1,251 815 5.60-13 5.60-13*.8
Renault Caravelle 1100 1966 1,108 814 135 X 380 135 X 380*.7
Renault 8S 1968 1,108 780 135 X 380 (1.1kg) 135 X 380 (2.2kg)*.1
Renault 8 GORDINI 1300 1968 1,255 835 135 X 380 (1.3kg) 135 X 380 (2.0/2.2kg)*.4
NSU 1000 TTS 1968 996 700 135 X 13 135 X 13*.9
Alpine 1300S 1969 1,296 *** 145 X 15 155 X 15*.2
Alpine Alpine A310 1972 1,605 825 165 X 13 185 X 13*.3
CG1300 (Chappe et Gessalin) 1973 1,294 735 145 X 13 155 X 13*.6

*1.  EUROPE AUTO, SEPTEMBRE 68
*2.  EUROPE AUTO, MAI 69
*3.  EUROPE AUTO, MAI 72
*4.  R8 GORDINI L’ecole des champions, Deminique Pascal E.T.A.I., 1996
  & モーターファン・オートスポーツ NO.36 1968.6 ルノー8 ゴルデーニ 1300 《試乗レポート》
*5.  Workshop Manual Series No 74, RENAULT R8, Sientific Publications Pty. Ltd. Australia, 1969
*6.  auto retro, No 226 - NOVEMBRE 1999
*7. ROAD & TRACK, Jan. 1966, Sports and Grand Touring Cars, Under 1300 cc
*8. FEDERATION INTERNATIONALE DE L’AUTOMOBILE, F.I.A. Reguration No. 1444, Group 2-Touring, 1967.1
*9. モーターファン・オートスポーツ NO.33 1968.3 NSU 1000 TTS 《試乗レポート》

199911 auto retoro CG 1300

auto retro (1999.11) に紹介されたCG1300、現代でも当時のサイズを周到しているようだ!

 以上から解るように、現代ではとんでもなく幅広なタイヤを装着しているルノーR8ゴルデーニやA110も本来が135とか145であったのだ。それで当時のカッコイイコーナリングがあったのだ。旧車のイベントで見るあの太いタイヤは何なのか?あるいはクルマ本来のフィーリング、さらに楽しいドライブが出来るのだろうかさえも考える。もっともサーキットで当時の限界以上の走行を望むならば別だが。当然、シャシーのセッティングを大幅に変えることが前提だろう。そうでもなければ単なるビジュアルだけではないだろうか?

ソリューションはあるか!

IN WORKING

 さて、ソリューションはあるのだろうか?

 そこで、165/80-13を目標に各車のサイトをチェックすると:

 ブリジストン => “検索条件を変更する と、残念な結果に、
 ヨコハマ => 低燃費向けのECOSにサイズあり 、ただし、これは除外。
 ダンロップ => 
エナセーブ EC203 ただし、これも低燃費なので除外。
 トーヨー => トーヨー・テオプラス、明確にECOタイヤとしてないが、燃費と耐摩耗性とあり、“準” ECOタイヤ?
       でも数少ない選択肢か?

<ミシュランの選択>

MICHELIN Classic Tire (英語)
  => http://www.michelinclassic.com/en 

ミシュラン クラシックカー用タイヤ
 => http://www.michelin.co.jp/content/desktop/JP/ja/tires/classic-tyres.html 

実験!

IN WORKING

<イレギュラーな選択>

本来のFan to Driveには、普通では考えないアブノーマルな選択が必要。多くのクルマに装着しているものに疑問あり。

(SE, Original 2016.5.25)

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研