ホイールとタイヤ - 基本データ


 コンテッサ1300セダン並びにクーペのホイールとタイヤに関して

【整備解説書の諸元】

  • タイヤ・サイズ:5.60-13
  • プライ:4PR
  • リム:4.5J-13
  • タイヤ幅:153mm
  • タイヤ径:600~625mm
  • 有効半径:284mm
  • 空気弁:TR-15

 以上であるが、PCDやオフセットなど記述がないが実測を含めて以下の様である:

  • PCD:120mm(因みに4穴)
  • ハブセンター径:68mm以上
  • オフセット:+32mm (おおよその値(プラス/マイナス0.5mm程度の誤差、純正ホイールにて実測)
          インセット表記では、32mm。

 尚、スタッドボルトはサイズ:M12X1.25、スプライン径:14.3mm。スプライン径に注意。ニッサン(新)/スバル系はM12X1.25、14.3mm。トヨタ系は14.3mmで同様であり、M12X1.5とピッチが異なるナットを合わせれば流用出来る。

Wheels Offset

 純正状態のタイヤ&ホイールを装着したビューは以下を参考にされたい。当時のブリジストン/ヨコハマのホワイトリボンのバイアスタイヤ。後輪がややポジティブ・キャンバーに見えるのはセダンは0.5度のポジティブな設定である(クーペは0.5度のネガティブ・キャンバーの設定、車高は1cmほど下がる)。フロントの車高が高く見えるがこれが純正・無改造状態であり、ドライバーが乗車すると若干車高がホド良く下がる。

Tires Wheels STD View

【コンテッサ1300のタイヤ空気圧について】

 当時の整備書 (ドアにもシールあり) では以下のようである:

  • 前輪:1.0 kg/cm² (15lbs/in²)
  • 後輪:2.1 kg/cm² (30lbs/in²)

 この空気圧は若干の差はあるがコンテッサ900 (前輪:0.85、後輪:1.7、高速時はそれぞれ、1.0&1.8)、あるいはその親にあたるルノー日野4CV (前輪:0.9、後輪:1.6) 以来の伝統である。いわば、ルノーのコンセプトのコピーに他ならない。日野はコンテッサ1300に加重増加に応じ、空気圧を増加したものと推測する。なお、当時のタイヤはすべてバイアス (一部の輸出を除く) であった。

 この前輪の超低圧、後輪の高圧は、フランスの当時のRRのルノー、すなわち4CV、ドーフィン、R8などの基準もおおよそ同様であり、特にラジアルでの指定もない。

 ここ何年か、結構、上記の指定値を大きく無視しているコンテッサを見受けることがある。例えば、特に前輪が2.0などの高圧。タイヤショップまかせとかにしないでオーナー自ら気を使うようにしたい。また、指定値でもドライビングの感覚を会得し、変化を敏感に感じ取ることも重要である。

【参考文献】

(SE, Original 2009.9.12)
(改編:2017.10.14)

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄(実名表記にて)。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研