ホームメード・パーツ - クラッチ・コントロール・シリンダーのホース制作


 クラッチ・コンロール・シリンダーのホースについて、何とか安易な方法でベストの解決を考えていた。それは、クラッチのマスター・シリンダーへのパイピングは既存のものを使うこと、もちろんコントロール・シリンダーも既存のものを使用すると 言う一般的な拘束条件だ。

 数ヶ月前くらいに基本案は出来ていたが、この暑い夏が明け、一気に試してみた。それは、別途記述の問題の難物である日野の『12.0mm-P12』のコネクタをそのまま使おうというものだ。今流りのモッタイナイの精神だ。

 結果は,『写真1:全体図』にあるようにうまくまとまった。全部品の構成は、『写真2:全部品』のようだ。今回、製作したのは中央にあるアダプターである。(註:ワッシャは載せてない)

 『ホース解体図』を見てもらいたい。古くなって使いものならないラバー部分は捨てる,そして何とか使えるだろうコネクタ部分を再利用するものだ。日野の部品から頂いたこの貴重なコネクター部分は,『写真3:アダプター材料:その1』のようにホースの芯となっていた金属パイプを残して加工する。そして、もう一つ重要なものは、市販の#4のステンレスメッシュのホースを接続するための、アダプター、『写真4:アダプター材料:その2』を手配する。これは左半分を頂く訳だ。この写真の形状のものでなくても大丈夫、要は#4のフィッティングであればよい(要スティール)。『写真5:アダプター材料(加工後)』がこれから『二個一』にしようとする材料だ(写真の矢印のように)。そして、『写真6:アダプター(ロウ付け後)』は合体し、銀ロウ付けしたものた。写真は奇麗にするため、一応サンドブラス処理をしたものである。この後、錆び止めのためにクロームメッキに出す予定だ。

 今流行の『モッタイナイ』のようなものだと自画自賛。車体への取付はおそらく9月くらいになると思うが、またリポートしたい。誰かが言った、『何も考えるな!行動あるのみだ』と言うボクの好きな言葉とはこのようなことだと思う。まずはやって見よう!

hose kaitaizu

ホース解体図

写真1:全体図写真2:全部品写真3:アダプター材料:その1写真4:アダプター材料:その2写真5:アダプター材料(加工後)写真6:アダプター(ロウ付け後)

(SE, 2008.5.10(改訂)、2006.8.6オリジナル))

make your car by youself

自分のクルマは自分で作れ!

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研