One Off Parts - オイル・フィルター・アダプターの制作


オイル・フィルター・アダプターの制作


 日野コンテッサのオイル・フィルターが市場から消えたのは80年代です。90年代のある時期、自分のイメージを描いているアイデアを現物に出来ないかと、行きつけの老舗の内燃機屋(製作依頼先:東京都目黒区、近藤内燃機)に相談してみました。その要件は以下のようなものです:

  • 日野のアルミのボデーは強度がないので (油圧が上がり、割れた経験あり) 、そこに負担をかけないようにする。そのために、ボルトを新たな強固なベースに締め込むようにする。そのベースはアルゴン溶接でしっかりと固定する。
  • フィルターには日産 SR20DEを使用。これは当時、ファミリカーだったアベニール用で手元にあったからだ。
  • イベントなどでの、見てくれを考慮し、外見上,元のようにする。その為に、コンテッサのフィルターのカバーを付けられるようにしておく。

そして、図面を創っていただき、二日後に出来たのが以下のようなものです:

全体がこの4点、ボデー、ボルト、フィルター、そしてケースから成り立つ。シンプルこの上ない。主要部品はこの二つ。ボルトは日産用のピッチで加工。トヨタ用のピッチを切れば、トヨタぼフィルターが利用出来る。アルゴン溶接が実に上手く出来た。担当したのは若い人だったが、今でも感心する出来具合。当時の日産のアベニールのフィルターを取り付けるとこのようになる、目論み通りの出来ぐらいである。フィルターのケースを入れてみる。                          見事に、収まった。お釈迦様でのこの中に日産のフィルターが入ってるとは思うないだろう。

 現在(2012年10月現在)は、「本命コンテツ」が完成するまで、挨拶代わりに使っている「コンテッサ1300DX」に装着しています。フィルターは、SR20DE用に代えて、バネット・ディーゼル用の容量の大きなものを使用しています。理由は経験的にこの方がどうも洗浄能力が高いように感じているためです。

20121027 Nissan Element w500

(SE, Original 2012.10.27)

make your car by youself

自分のクルマは自分で作れ!

Notice

本データ、すなわち代替品/使用可能品例は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識に於けるものです。それは、FORM/FIT/FUNCTIONというレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然ありますので、それを理解した上でご参照・利用下さい。また、代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研