1965年9月:対米輸出に向けた西海岸プロジェクト始動


 1965年9月、待望の米国輸出に向けての計画が具体的に開始しました。それは、“レースはクルマを売る” の実戦でした。

 第一回日本GP以来の日野コンテッサ&デルフォーミュラのメインドライバーであったらロバート・ダンハムの活動により、当時のシェルビーアメリカンのスペシャルプロジェクトディレクタでもあったピーター・ブロックを打診を開始しました。その結果として、日野の計画を具現化するために、日野自動車に招聘し、鈴鹿サーキットでの日野車の試走を進め、契約&契約の詰めが始まりました。


 以下は、試走用のコンテッサ1300クーペの個体の仕様です:

  • 鈴鹿試走用車両:C/# PD300-10256 、エンジンNo. 100778
  • 目的:シェルビーアメリカン、チーフデザイナー、ピーター・ブロック氏の来日に際し、鈴鹿サーキットにテストドライブを依頼。PD車の評価と今後のレース対策にする。そのために当該車両をレース向車両に改造。試乗後はレース向けの研究実験車両として使用、完了後は廃車。
  • 実測データ:最大出力 65.6馬力@5,500rpm、最大トルク 9.00mkg@4,200rpm、アイドル 1,400rpm
     (通常のライン車:55〜56馬力@5,000rpm、9.1mkg@3,800rpm)
  • キャブ 日立SU、標準車用、エアクリーナー付き
  • イグニションタイミング BTDC 25度@1,400rpm

 この鈴鹿サーキットはコンテッサ1300クーペの試走に加えて、当時の日野所有の競技車両であるGTPやフォーミュラカーの研究用に1964年に購入の英国のクーパー F-III なども試走していたようです。

196509 GTP PB

GTP、ドライバーはピーター・ブロック

196509 Cooper BD

Cooper、ドライバーはロバート・ダンハム

【関連参考資料】

(SE, 2016.5.6, Original)

【注】本シリーズの内容は、本サイトの各ページ同様に当サイトオーナーの40年余りの情報収集
 (当時の現場におられた当事者の聞き取り、関係者&ユーザーの意見、各種資料の収集&購入) 、
諸々も取材、そして実車を通してのインサイト (insight:洞察、見識) を整理したものです。


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研