日野コンマース・スペシャル:誕生50周年記念(7)


日野のクルマ:日野コンマース・スペシャル(誕生50周年(2010年2月)記念)

【本サイト読者からの日野コンマースの情報】


  • 福山自動車時計博物館の日野コンマースの近況(2011.2.13 受付,岡山県、村山さまより)
    福山のイベントに行って参りました。残念ながら試乗は出来ませんでしたが、いずれ試乗したいと思っています。替わりに本田T360に試乗しました。
    内装は処分したと以前聞いていましたが、ほとんどのパーツが元通りに有りました。ビール、ジュースホルダーや水槽、ゲージ、化粧カガミ付き戸棚(クローゼット)、下駄箱等がイラストと同じに有りました。江澤さんに頂いたイラストと写真をプリントして持って行き、副館長さんに渡しましたらコンマースの中に置いています。
    モーターショーに出品されたクルマそのものである可能性大です。カーテンなども古ぼけてはいますが、有ります。シートは当時としては高級な布地です。かなり破れてはいましたが。助手席後ろ側にフレームナンバーが有って上に楕円のPB10プレートが付いています。リヤバンパーには暖房車!ステッカーが有りました。デンソーと有りましたのでマジ物です。フロント、リアサスペンションや等速?ジョントも見ました。今後のボディ修復が楽しみです。
    ユーチューブに当日参加された方が動画をアップされていました。最後の方に副館長さんの宮本さんが運転されるコンマースも少しだけ写っています。
    (クルマとして理想の動態保存(しかも厚化粧&整形美容無し)の日野コンマース:ユーチューブを参照
20100213 Commerce Fukuyama

 (いつもありがとうございます:江澤)

  • 福山自動車時計博物館の日野コンマースの近況(2011.1.15 受付,岡山県加賀郡より)
    エンジンが掛かるようになったと12月末にお聞きしてましたが、その情報が:
    コンマース試乗に(クリック
    そして、近々のイベントにも登場する様です:
    平成23年2月13日のイベント(クリック
  • 当時の日野コンマースの病院車の情報(2010.12.30受付、埼玉県越谷市より)
Hino Commerce Omiya Byoin

最近のぶぎんレポート(2010.12、No.139)の「高度医療と良質のホスピタリティで地域医療に貢献(医療法人ヘプロン会大宮中央総合病院、理事長・院長,神戸 成美氏へのインタビュー)」に登場する昭和40年代の当時の大宮中央病院で活躍した日野コンマース

  • PB10型日野コンマースのテレカ (2012.1.6 受付、東京都、石井さま)
     80年代の後半くらいか、日野がデーラー向けに一連の日野の旧い小型車をテーマにテレカをつくった中の一つと推測します。病院仕様は今でいう提案営業のようもので全国の病院向けにプロモーションされました。多くは地域の医師会をターゲットに販売されたと分析しております。その際の日野の提案(カタログ)の写真を利用したテレカとなります。医師会に販売された病院仕様は今でも不動車として残存しているものがあり、折をみてその映像を載せる予定です。この度は貴重な情報をいただきありがとうございました。今後とも本サイトのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。(江澤)
Hino Commerce Card

「義父が群馬でタクシー会社をやっていたのですが、その関係でもらったもののようです。こんな車があったのかと、検索したら出てきたので、驚いてメールした次第です。」と、いただきました。

 以上,皆さん,貴重な生きた情報を感謝申し上げます。

(SE、2011.1.28 Original)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研