日野コンテッサ900・スペシャル:誕生50周年記念(2-3)


日野のクルマ:日野コンテッサ900 スペシャル(誕生50周年(2011年2月)記念)

【車両特徴:技術面】


seinou w400

0-200はおよそ15秒、0-400はおよそ23秒、速度にしておよそ100km/h、当時としては結構、軽快なものであった。ルノー4CVからは大きな進歩でもあった。これらは軽量なボデーによるものだった。

《性能試験》

 運輸省の公式認定試験に正式により、車両重量が最も重い場合、すなわちデラックス車に5人乗りの状態で総重要:1,018kgによるのである。加速は、加速性能の図にあるように、発進加速で200mに到達する時間は15.8秒であり、これはルノー4CVに比較し1秒程度向上、1,000cc級の小型乗用車としては最も先行するもので、また3段トランスミッションの小型車としても充分なものであった。

 燃料消費はついては、定地試験における燃料消費図のように、30~50km/hの常用速度では、20km/リッター以上、70km/hでも18.5km/リッターと高速でも良好であった。一般公道、すなわち運輸省型式認定試験における東海道運行試験 (横浜・小田原間往復) においては、平均19.3lm/リッター (平均速度:46km/h) であった。

nenpi w400

実用燃費でおよそ20km/リッターとルノー4CVの長所である小型軽量且つ小型エンジンの賜物であった。

 このような優れた運行燃費は、設計のねらいでもある「軽いクルマ」で小さなエンジンが根本の理由であり、さらにキャブレータについは加速ポンプを設けなかったことも、実用燃費の向上に貢献していた。

 乗り心地についてのデータは以下に示す。乗り心地係数については、小型車としてベストなクラスであった。

 操縦安定性は、認定試験では実施されないが、社内の試験では、オーバーステア並びにアンダーステアの傾向がない、当時として新語にもなった「ニュートラルステア」であり、また旋回時の傾き、すなわちロール率も少ないものであった、手放し安定性も良好で、高速も一回で減衰をしている。

 ブレーキについては、0.6gの急制動に相当する踏力は約20kgであるので、効きは良いものであった。50km/hからの急制動では11~12mで停止した。ブレーキ時の車体の傾き (所謂、ノーズダイブ) は極めて小さいもので、重心が低いことと、上述の後輪のトレーリングアームによりアンチダイブ効果によるものであった。

【乗り心地係数】

contessa 900 Norigogochi

(SE、2011.1.28 Original)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研