全日本自動車クラブ選手権レース大会 '65シリーズ-1 (1965年7月17日(土) & 18日(日))


p01 w263 h375
  • 全日本自動車クラブ選手権レース大会 '65シリーズ-1
    (CCC '65 ALL JAPAN CAR CLUB CHAMPIONSHIP RACE MEETING)
  • 1965年7月17日(土)&18日(日)
  • 主催・社団法人 日本自動車連盟(J.A.F)

 この年のJAFグランプリは中止となり、JAF加盟クラブだけに出場資格を与えた年4回のシリーズ戦が行われた。第一回が関東地区初のサーキットとなったオープン間もない船橋で開催された。クラブ選手権と言うもののグランプリ同様にメーカーが主役だった。プログラムを見れば、見開きカラー広告の大枚を叩いたのがトヨタ、日野、日産、いすゞ、プリンスだった。

 今日となってはGT-Iクラスでの浮谷東次郎の追い込みが伝説でなっているが、日野もコンテッサ1300でワークス体制で挑んでいた。しかし、結果が示すように熟成以前だった(レース結果はこちら)。

 また、この日のエキビジョンのフォーミュラ・カーには国産初のフォーミュラのデル・コンテッサもDEL MK-IIIとなり、スターティング・グリッドに姿を現した。このMK-IIIは従来のMK-I/IIでの自前の製作を排して、クーパーをベースにした結果、よりプロフェショナルな姿になっていた。

 このプログラムは80頁に及ぶ大作で。印刷&紙質は今日のプログラムと比較出来ないが、その内容の充実さに感服する。レースそのものの基礎的な解説、そして戦前のレースと今日見ても新鮮である。尚、コンテッサ・フリークとしてはいささか悔しいが、トヨタS800の走る姿、特にベレットの感性には、日野の広告戦略がこのレース・トラック向けのプログラムとしては魅力に欠ける。

プログラムの参照はこちら

2014.12.21, SE, Original


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研