LOS ANGELES TIMES - 14th Annual GRAND PRIX (1971年10月31日)


19711031

  日野が米国西海岸でのレースを撤退した1967年から4年を経た後、1971年度のL.A.タイムズGP(その当時、毎年10月末にリバーサイド国際レースウエイにて開催)に「THE HINO SAMURAI」が3番目のオーナー、テリー・ホール(元プロ・スケーター)自身のドライバーにより、前座のスポーツレーシング(B/C/Dクラス)レースに出場している。

 この時点のコンペティション能力は、日本GP(1967年度)に遠征した際と基本的は変わってない。ただ、日本GPにテストドライブもすることなく参戦し、自ら墓穴を掘った訳でが、用済みになった個体は運よくこの個人オーナーに渡り、ようやくサーキットでの走りができるようになった。

Hino Samurai @MUSEE NATIONAL DE L'AUTOMOBILE DE MULHOUSE

 また、大きな進化として、ボデーのカラーリングは当初のオレンジ (当時のイタリアのプロトタイプカーによく見かける。デザイナーが米国でもイタリアンデザインに優ることができることを意図とした) から実戦的な日本のナショナルカラー的、あるいはアメリカンレーシングカラーとも言える白になった。この後に発売となったイタリア Polytoys社のSamuraiは基本的に白である所以と分析する。

 尚、当のBREは既にDATSUN 510より成功&伝説を創り始めた時代に突入していた。

19711031 Samurai
19711031 BRE510


(2016.6.26,SE,Renewal)
(2016.7.3 ,Added)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研