PD300コンテッサクーペカークラブの思い出


PD300コンテッサクーペカークラブ(現日野コンテッサクラブ)の思い出 - A Memory of the Hino Contessa Club


 丁度、今から2年前の2008年11月、日本ではまだワンメイクの旧車クラブなんかがまだ無かった70年代に立ち上げたコンテッサクラブ(当初はPD300コンテッサクーペカークラブ)を辞することを決意しました。このようなことをやるのも早かった、また辞めるのも速かったと、おそらく自身の性格だと思うものです。その際に、クラブの会報に寄稿したのが以下の挨拶でした。

 それから早2年を経過しました。その後も自分としては何も変わらず相変わらず慎ましい「コンテッサ人生」であります。日野コンテッサは今だ愛すべき(それともその逆?)伴侶となっております。さて、ここでその際の文面にありますが、「回顧録」とまでは行きませんが、クラブ立ち上げ当時を綴った思い出の文面(2005年3月作成,一部改編)がありますので下記にご紹介いたします。

 旧い内容ではありますが、日本の旧車文化へのご参考になれば幸いです。


【日野コンテッサクラブ退会の挨拶&お知らせ】

 2008年11月15日をもって、「日野コンテッサクラブ’」退会をすべくここにお知らせ申し上げます。以下は、退会に際しても皆様(PD誌を通じ)への挨拶とします。

 クラブ創設期前からおよそ37年の長きに渡って半生以上を共にした集まりでした。いずれもボクにとって素晴らしい思いでで一杯です。ここ数年はホームページに始まり部品問題などその運営について「見えない組織」との「葛藤」がありました。ボクの残りの短い人生を考えると、「寸進尺退」な議論と共にするはあまりにも時間がありません。そのような訳でここで自ら「クラブの卒業」を決断しました。何事にも始まりがありこのような「終わり」もしかりです。

 今後は一個人として大好きな日野コンテッサを慎ましく楽しむ所存です。クラブを通じで親交を深めさせていただきました皆さまには今後とも相変わらずお付き合いいただければ幸いです。 また、部品を必要とされている皆さんへの提供、修理の課題&アドバイスなど、今まで同様変るものでありませんのご安心下さい。

 尚、今後も超私的研究機関:HinoSamurai.orgを通じ、ライフワークである「日野研究」を展開して行きます。その中で歴史の一ページとして新たに「日野コンテッサクラブ回顧録」として私的な思い出や見解・経験を第三者として述べ、日本の旧車コミュニティの健全な発展に寄与出来ればと考えております。

 以上をもちまして退会の挨拶&お知らせとさせていただきます。

江澤 智(2008.11.15)


(SE, 2013.3.22, Original)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研