エンジン&ミッション、パワートレイン関係:キャブ・チョーク・コントロール


 これもSUキャブ交換により課題の1つ。通常のセダンは電熱式のオートチョークであり、何の手動コントロール機構はない。しかし、SUキャブは、ワイヤーによるコントロールが必要である。汎用の長いケーブルコントロールを入手し、固定用アングルなどを製作し、コンテッサ本体に穴などを開けることせずに装着した。結果的にドライバーズ・シートの間に納まり、外からは見えない位置となった。しかし、操作は人間工学的にはちょっと面倒かも知れない。

 基本的にメンテナンスのセオリーである「フォーム・フィット・ファンクション」の役目は満たしている。

Choke_01Choke_02Choke_03Choke_04Choke_05Choke_06

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研