電気関係:ホーン


 日野の当時のイマセン製のKnightホーンに変えて、現代のボッシュのラリー・ストラーダを使用。理由は、単に音色の好み。柔らかいキレの良いヨーロッパ・トーン、それだけ。それと古いものに拘りたくなかった。基本的にメンテナンスのセオリーである「フォーム・フィット・ファンクション」の役目は満たしている。

(コンテッサ本体には一切、改造無し)
(オリジナルは保存、ただし、動作不良、清掃&調整により修復可能と思う)

Horn_01Horn_02Horn_03Horn_04Horn_05Horn_06Horn_07Horn_08Horn_09Horn_10Horn_11

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研