エンジン&ミッション、パワートレイン関係:燃料ポンプ


 オリジナルの機械式ポンプを修復することは最初から断念、ベストな解決方法の電磁ポンプとした。最初は米国で調達したマツダのロードスター用 (Facet Fuel Pump) だったが、適合せず (圧力が想定以上に低かった) 、一般的なミツバのFP-3にした。 これは手持のクーペに使用していたものを装着。

 ただ、設置場所の選定が問題で、パーコレーションを誘発する場所を避け、取り付けたが、エンジンルームなど結果的にどこでも誘発するので、最終的に今の場所としている。完全にエンジンルームの外とした。また、飛び石などのリスクを避けるために防壁のアルミプレートも付けた。

 映像 - その1:最初、経験的に温度が低いと思っていたこの場所に設置。しかし、結果的にこの場所は何と60度を超え、空打を誘発した。
        エンジンルームは走行時は何処もラジエータを通過した
60~70度の高熱が回っていることが判明した。

EPUMP_1_1EPUMP_1_2EPUMP_1_3EPUMP_1_4EPUMP_1_5EPUMP_1_6EPUMP_1_7EPUMP_1_8

 映像 - その2:最初、空打の原因は電磁ポンプそのものと思い分解してみた。結果は温度上昇によるパーコレーションと判断した。

EPUMP_2_1EPUMP_2_2EPUMP_2_3EPUMP_2_4

 映像 - その3:次は熱は回らないと推測した燃料タンクの上部に設置した。だが走行時はエンジンルームと同じ60度前後までになった。断熱のパネルなどがあるが、
        熱は容赦なく隙間を通り抜け、走行すればファンの風力により燃料タンク回りもエンジンルームに近い温度となる。

EPUMP_3_1EPUMP_3_2EPUMP_3_3

 映像 - その4:最終的に、冷気を直接得られるエンジンルームの外とした。安全を考慮してパネルなども設置した。

EPUMP_4_1EPUMP_4_2EPUMP_4_3EPUMP_4_4EPUMP_4_5EPUMP_4_6EPUMP_4_7EPUMP_4_8EPUMP_4_9EPUMP_4_A

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研