エンジン&ミッション、パワートレイン関係:マフラーのテールパイプ


 上記、マフラーを交換後、日野のオリジナルの鉄パイプ(左出しのケース)ではどうも格好が悪いのと不安で、ステンマフラーに合わせて、ステンレス製の38mm(日野のそれは35mm)で特注の曲げ加工(ベンディング)で作製。但し、日野の極端な左曲げではなく、なるべくカーブが小さい左曲げ加工とした。もちろん、ラジエータへの吸い込みの問題を考慮しての角度である。使ってみて、現実には問題なしと考える。基本的にメンテナンスのセオリーである「フォーム・フィット・ファンクション」の役目は満たしている。

 尚、本車は右出しであったが、上記のように、左出しにした。右出し用の取り付けステーはそのまま残してある。

参考情報:掲載後にリンク

20100111_Muffuler_pipe_120100111_Muffuler_pipe_2JPG20100111_Muffuler_pipe_3

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研