エンジン&ミッション、パワートレイン関係:ヒーター・コック


 コンテッサの欠点であり、多くは使用を諦められた部分である。リークするシールをガスケット・タイプ(再生、再現は手間がかかる)から一般規格品のOリングに換えた。念のために締め付けてあり、適切なOリングではないのでコックの回転、すなわちバルブの開閉は固い。両サイドの6mmのプラス・ネジを若干緩めて切り替えをすると良い。完了後は心持ち締めること。

 Oリングに手持ちのものを使ってしまったが、本来はもっと細い直径のものを使うべき。何時でも交換できる。そうすれば、通常のように夏冬の切換えも容易になろう。

Heater_Cock_1Heater_Cock_2 2Heater_Cock_3Heater_Cock_4Heater_Cock_5Heater_Cock_6Heater_Cock_7Heater_Cock_8

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研