シャシーまわり:リア・スプリング及び緩衝シート


 当初、走行不安定ともなるポジティブ・キャンバーのセダン用から換え、セダンS&クーペ用のスプリングを入れる。しかし不当に硬い、フィーリングが悪い(これは長年の感覚)ので、経験的に使った他車のものを試す。昨年末から、新たにホンダ RB1のリア用を無改造で試している。固さ的にはセダンの柔らかさ、キャンバーはクーペ同様に若干ネガティブとなっている。これら交換装着には事前にバネ定数などは計算&シミュレーションを行っている。

 前後の車高については、一般的なドライブ、またミケロッティ氏がデザインしたプロポーションで見せるには今の設定が良いと考える。ただし、もうちょっと考えると、試したが若干、低くした且つもう少し柔らかくしたRB1のフロントを加工したもののがベストと実際にテストして考える。ただし、この場合はプロポーションのバランスのためにフロントも2cm程度下げる必要あり。

 もう一つ、重要なことは「緩衝シート」、簡単な自作加工の天然ゴムシートで、これは全体の乗り心地にフィーリングに大いに寄与したと感じる(自己満足かもしれないが)。

参考情報:リアスプリング - 実践編

Rear_Sprint_RB1_5Rear_Sprint_RB1_6Rear_Sprint_RB1_7Rear_Sprint_RB1_1Rear_Sprint_RB1_2Rear_Sprint_RB1_3Rear_Sprint_RB1_4

戻る


Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2017 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研