リバイバル・モータリング・ジャパン


リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原(2011年10月8日)

展示&デモラン出走:2速 (セコンド) だけでも大いに楽しむ!


mobara_course

 10月8日 (土) 、「リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原」という第一回とも言うべき「走る旧車のイベント」が開催されました。少し前に主催関係者から問い合わせがあり、「デモラン」をオーケーしました。「旧車は走らなければ1/1のスケールモデル」になってしまいます。元気に走ってこそ「旧車」なのです。

 70年代にツクバで始まった「TCAS」のイベント (今日ではJCCA)、レースでもない、ボクも好きだったピリピリ感の無い、ナンバーを付けた旧車でそのまま自分のペースで楽しみ、ちゃんと無事帰るというような時代のものを再現、あるいはそのような場を提供しようというのが趣旨のようです。

 デモランと言うことでペースカーが入ると自分で勝手に思っていただらそうではなかったようです。多くの人はやはりそれなりに熱くなっていたようで、ボクも大いに楽しみました。このコンテツはコラム3速で、経験的に2速だけでオートマのように3000~4500rpmぐらい&ハーフスロットルでほぼノーブレーキングで自分の能力(クルマではない)に合わせて走っておりました。本当はもっと回し、ブレーキも使うというのが本筋でしょう。

 コンテッサ1300の足はとんでもない設計で基本アンダー、あるところで予告無くオーバーと (ある外国の専門家はこれを「アンダーとオーバーが同時に発生する不思議なクルマ」と評した) 、コンテッサ900やルノーR8の様な人車一体の楽しい軽快な足ではありません。それを改善、いや「正す」ために、リヤはルノーのようにソフトなスプリング (他車を流用) にし、ショックは前後共コニのスペシャル D (もちろんオイル) にしてます。今回はそれを試すことが出来たようです。ターン5(R15)は右に広いシケイン(?)があるので、安心してテールがおだやかに滑り、修正も出来るの感じとることが出来ました。

 来年は10月13日 (土) に予定とのことです。その時はもう少し心構えをして参加したいと思います。最初は狭いコースでコンテツには不向きかと思いましたが、返って、ストレートが無い (短い?) タイトなコースが多いので自分のコンテツの挙動を短時間に知るには良いコースと感じました。来年はぜひギヤが4つ以上あるコンテツでと思い悩みつつ、楽しみにしたいと思います。主催者の皆さま、ありがとうございました。

20111008 Mobara Twin w500

三つしかギヤのないコラムシフトのコンテッサ1300DX。でも、ライトのレンズにプロテクションカバーを付け、雰囲気だけは出したつもり。ピリピリ感の無いピットでは、皆さん、結構、自分でクルマをいじっており、アマチュア同士の共通の苦労話&話題に大いに話がはずんだ。

19770424 3rd TACS w500

これは1977年4月24日のツクバのスピードフェスティバル。レースでもない走行会。この日は、当時でも年代物の7Jの鉄ホイールにキープしてあった往年のファイアストーンのスーパースポーツ・インディを履いて行った。マフラーはストレート、自宅からはテールにコーラの空き缶に穴を開けたサイレンサーでツクバに向かった。この走行会もデモランみたいなもので、後方のブルーのSR311はGPドライバーの白石 春太郎さんだ。スタートの速さは凄かった!今、思うと夢のような場面だった。

「リバイバル・モータリング・ジャパン in 茂原」のご参考グログ:

(SE, Original 2011.10.10)


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)



Your local time is  where you live.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。
© 2004-2015 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研