点火系統 - 実践編


【コイルの抵抗値の測定】

 基本中の基本のコイル単体の一次側と二次側の抵抗値の計測です。

 コンテッサ時代のイグニションコイルは現代のダイレクト点火や少し前のイグナイタ使用などのものと性格&仕様が異なります。また、旧車の世界でも多くあるようなV8用 (8気筒) などの高性能点火システム (H.E.I:High energy ignitionグーグルサーチの画像) やそれらのイグニションコイル (H.E.I. Ignition Coilのグーグルサーチの画像) と大いに異なります (例えば、MSD) 。コンテッサ用 (および当時のクルマ) はあくまで素朴な “4気筒” 用イグニションコイルです。そして適切なるカム閉角度 (ドエル角):52度 プラス/マイナス 3度であります。

 以下に示した図を見て次のようにします:

  • 測定に際して、コイル本体の “+” (プラス、すなわち12Vへの配線) および “ー”  (マイナス、すなわち、コンタクトポイントへの配線) 端子の配線を外す。
  • 同様に、ハイテンションコード (高圧コード) を外す。
  • 一次側抵抗値は、 “+”  (プラス) 端子と “ー”  (マイナス) 端子間の測定値
  • 二次側抵抗値は、 “高圧端子” と “ー”  (マイナス) 端子間の測定値 (注意:高圧端子の接続部は奥底にある)
IG Practice 1

 測定の結果、一般的に:

  • 一次側:3オーム程度

抵抗付き (スポーツコイルような) ならば1.5オーム程度

二次側:7.5 〜10キロオーム程度

 以下に現代購入可能な一般的な市販品の仕様を参考までに示すます (使用感は含まず) :

IN WORKING

(SE, 2016.1.10, Original)
(Refined, 2020.1.21)

20180612 Notice
  • 本サイトのデータ、すなわち代替品/使用可能品例 (プロセスも含む) は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識です。それはフォーム・フィット・ファンクション (Form, fit and function) というレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然あります。それを理解した上でご参照・利用下さい。代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)。
  • 本サイトの知恵集(Tips)に記述してある内容は、あくまで日野コンテッサに関するアマチュアの経験です。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアのみがご参考下さい。他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりません。これについてご意見のある方はこちらまで(実名表記にて)。

Back to 点火系統 - イグニション関連


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研