ホームメード・パーツ - ガスケットのダイレクトコピー


ガケスットを現物をベースに直接制作する!

 多くのガスケットは市販のガスケット用紙から製作可能である。ミッション&ベルハウジングなど比較的大物は現物のエッジを利用して、ハンマーで叩きながら切ることが出来る。職人芸でもないのでちょっと勉強すれば素人で出来る。

 現物からのダイレクトコピーである。以下はその過程である。

1. まず、両サイドのブッシュ用の穴を開け、センターの大きめな穴を開けて、ケースに固定する。

20160305 Gasket 1


2. ケースの外周のエッジをハンマーで極軽く叩く。これでガスケットは綺麗に切れて行く。

20160305 Gasket 2


3. 外周に沿って、一周、根気よくコツコツ、コンコンと叩き続ける。1分もかからない。

20160305 Gasket 3


4. 次に内周。ここで重要なことはボルトの穴を先に開けておくこと、理由は後で穴を開けると千切れやすいこと。まず、内周に沿って、外周同様に若干、カットする。これは後でハサミを入れるためである。

20160305 Gasket 4


5. そして、内周に沿って指でエッジをこするようにトレースする。そうすると内周が線のように浮き出てくる。

20160305 Gasket 5


6. そしてトレースした線をハサミでカットする。これで完成である。

20160305 Gasket 6


7. これはオマケであるが、次回のために出来上がったガスケットから型をトレースしておく。

20160305 Gasket 7


(SE, Original 2016.4.28)


20180612 Notice
  • 本サイトのデータ、すなわち代替品/使用可能品例 (プロセスも含む) は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識です。それはフォーム・フィット・ファンクション (Form, fit and function) というレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然あります。それを理解した上でご参照・利用下さい。代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)。
  • 本サイトの知恵集(Tips)に記述してある内容は、あくまで日野コンテッサに関するアマチュアの経験です。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアのみがご参考下さい。他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりません。これについてご意見のある方はこちらまで(実名表記にて)。

Back to ワンオフ・パーツ、ホームメード・パーツ&アクセサリー トップ


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研