ホームメード・パーツ:PC利用でガスケットの簡単製作


 多くのガスケットは市販のガスケット用紙から製作可能です。ミッション&ベルハウジングなど比較的大物は現物のエッジを利用して、ハンマーで叩きながら切ることが出来ます。職人芸でもないのでちょっと勉強&反復習得すれば素人で出来ます。

 小物はオリジナルのガスケットを型にトレースし、穴あけポンチとハサミで切れば良いでしょう。しかし、その都度トレースしなければならないし、結構面倒であります。また、オリジナルがない場合には寸法を計測したり、型紙を作り何度か修正しなくてはなりません。

 そこで超怠け者の方法を思いつきました。それはパソコンのスキャナーでガスケットを読み込み、プリンターでガスケット用紙に印刷してみる大胆な方法です。更にオリジナルのガスケットが無い場合はガスケットを使用する部品そのものを直接スキャナーで読み取り、その画像を利用して、型を作ってみよう言うことです。

オリジナル・ガスケット&パッキンから製作

ステップ -1:まずは製作したいガスケットを選択し、スキャナーにセットする。ここでは全体のサイズはA4サイズに収めた。ガスケットの紙をムダにしないよう効率よく並べる。今回はエンジンのオーバーホール用のガスケットから適当なものを選ぶ。

20060109 Packing 01


ステップ -2:ソフトウエア(ここではPhotpshop Elements 2.0からのプラグインを使用)でグレイモードでスキャン。精度は300DPIで十分。

20060109 Packing 02


ステップ-3:ソフトウエア(ここでは引き続きPhotpshop Elements 2.0を使用)で読み込んだグレースケールの画像を白黒に二値化をして、ブラック&ホワイトに変換する。

20060109 Packing 03


ステップ-4:二値化したブラック&ホワイトの画像をソフトウエア(ここでは引き続きPhotpshop Elements 2.0を使用)で輪郭抽出をする。ここでガスケットの輪郭とともに、スキャンした際のゴミとか出るがそれは放っておいてよい。

20060109 Packing 04


ステップ -5:早速、画像をそのまま普通用紙に印刷し、チェック。スキャンに使用したガスケットと比較、ドンピシャである!

20060109 Packing 05


ステップ -6:そしてガスケット用紙をA4サイズに切り、普通用紙と同様に印刷を行う。印刷の品質はここではOHPフィルム且つ高品位を選択。これは経験的なものであり、最もにじみが少なくシャープに印刷出来る為である。用紙の厚さは適宜選択すること。

20060109 Packing 07


 このように見事に印刷出来る。後は穴明けポンチとハサミで切り落とすだけです。

現物部品を利用して製作:既存ガスケットが無い場合

 ここではリヤ・ドライブシャフトのリテーナ用ガスケットに挑戦してみます。

ステップ -1:まずは現物で必要なガスケットとなる面をスキャンする。勿論、スキャンする際は蓋は閉める。キャノンのスキャナーはZ-lidなので厚手のものも蓋をちゃんと閉められる。

20060109 Packing 11


ステップ -2:ソフトウエア(同様にPhotpshop Elements 2.0を使用)でスキャン、左側のようにスキャナーとの接触面がまだら模様に映し出される。その画像をコピー&ペーストで作図ソフト(ここではAppleWorks 6のDrawアプリケーション)にコピーする。そして、ガスケットとなる輪郭部分を作図機能を使って描き出す。その際の公差などはあくまで感性と大胆さをもって行うこと。そして書き終えたら画像は消去する。

20060109 Packing 12


ステップ -3:必要なガスケットの数量をコピーし(ここでは2ヶ)、そして用紙の大きさを選択する。ここではガスケット用紙をムダにしないよう、小振りのB5を使用、そしてガスケット用紙をB5にカットし、印刷を行う(印刷の品質はここではOHPフィルム且つ高品位を選択)。

20060109 Packing 13


ステップ -4:早速、ポンチでボルトの穴をあける。こちらから先に行うことが肝要である。そしてハサミでガスケットの形状に切り落とす。

20060109 Packing 14


ステップ -5:早速、現物にあてがってチェック。これで完成!まあまあオーケーである。写真でずれてるように見えるのはガスケットが浮いているためである。

20060109 Packing 15


【使用パソコン環境】

 ポイントはWYSWYGWhat you see is What you get)機能があればベスト。スキャナーで読み込んだものがプリンターで縮尺に気にすることなく、100%同じサイズで印刷出来ます。

【その他留意点】

 インクジェット・プリンターを使用すること、レーザー・プリンターは使用fに適さないです。

 ガスケット用紙は、用途によって材質が異なる。適切に選択すること、また、本方法が適用出来ないものもあります。

【最近の作品】

 この夏(2013年)暑い時期にSolexのコンプリートOHを実施てしていました。その際に、当然のことながらOHキット&ガスケットを買い求めました。そのガスケットを見本にエア・クリナー・ケースに使用するために制作してみました。

20060109 Packing 21


  方法は上記のWYSWYGの方法でありますが、パソコンの環境は以下のように少々新しくなっています:

  • PC:MacBook & Mac OS X
  • ソフトウェア:Adobe Photoshop Elements 8
  • スキャナ:CanoScan 9000F
  • プリンタ:Canon iP4600

(SE, Original 2006.1.14)
(Added 2013.11.20)
(Refined 2019.2.11)


20180612 Notice
  • 本サイトのデータ、すなわち代替品/使用可能品例 (プロセスも含む) は、当サイト・オーナー、また情報提供いただいた個人の見識です。それはフォーム・フィット・ファンクション (Form, fit and function) というレベルのメンテナンスに於ける互換性を意味するものです。実際の使用にあたっては,個人差が当然あります。それを理解した上でご参照・利用下さい。代替品/使用可能品例については、情報提供は歓迎するものです。こちらからお願いいたします(実名表記にて)。
  • 本サイトの知恵集(Tips)に記述してある内容は、あくまで日野コンテッサに関するアマチュアの経験です。自分の手を汚して自ら自身のコンテッサをメンテナンスするアマチュアのみがご参考下さい。他人に自身のコンテッサを委ねておられる方、あるいはプロフェショナルの方は、決して参考になりません。これについてご意見のある方はこちらまで(実名表記にて)。

Back to ワンオフ・パーツ、ホームメード・パーツ&アクセサリー トップ


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研