2019.4.11:AUTOMOBILE COUNCIL 2019 (7)

20190405 AC 2019 61

 マツダのブースでのロードスタープロトタイプモデルが続きます。

 午前中、マツダの方から午後のある時間に「ボンネットを開けますヨ」と言われてその時間に行ってみました。

 目の前の現物は、トライアンフのスピットフィヤー (Google 画像検索:Triumph Spitfire engine hood) のように前びらき、シャシーもそんなような作りを感じ、説明文を読むと、この走るプロトタイプの制作はイギリスの自動車エンジニアリング会社のInternational Automotive Design (IAD - wiki) とありました。なるほど、造りに英国臭さがする訳です。エンジンも当時のマツダ車の流用でしょう。

 興味深く、このプロトについて少し検索を以下のようなものをありました:

 この様なプロトの内部やその構造を見られたことは貴重な経験でした。(続く)

 以下のロードスタープロトタイプモデルの内部の画像です。

20190405 AC 2019 62
20190405 AC 2019 63
20190405 AC 2019 64
20190405 AC 2019 65
20190405 AC 2019 66


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研