コンテツサ900 全米各地で大活躍(日野社報、昭和40年2月)


 アメリカ・カリフォルニア州のリバーサイド (当時のRiverside International Raceway) において、GPレースが昨年10月10日行なわれ、鈴鹿グランプリレースなどで活躍したロバートダンハム (wiki - Robert Dunham) 氏が、日野コンテッサGTで出場、Gクラスで堂々第二位に入賞した。

 このレースには予選通過車、54台が出場、一周2.5マイル(四キロ)のコースを75周(300キロ)レースで、54台のうち33台が完走した。

 日本からの初参加ということで注目をあびたダンハム氏の日野コンテッサGTは、ロータス11、オースティンヒーレー、スプライトS、ロータン・セヴンAなどの名車と大接戦を演じかっさいをあびた。

 ダンハム氏の日野コンテッサのリアバンバーに「青い眼の大和魂、勇走するコンテッサここにあり」と書いてあったという。

 また11月1日には、同じカリフォルニア州のウイロスプリング (現在のWillow Springs International Raceway) でSCCA主催のヒルクライムが行なわれ、ロバート・ダンハム氏のコンテッサGTは1,100クラスに出場、1.2マイルを60秒という圧倒的な記録で優勝。2位もE・ブロック氏の日野コンテッサであった。

 ロバートダンハム氏はレースのあとで「日本の自動車の優秀性をアメリカのカーファンに認識してもらうため参加した。幸い優勝できて日野コンテッサの優秀性かってもらえ満足です」と語ったという。

 なおカリフォルニア州サンジェゴで行われた、セダン車レースにおいても優勝した。

Hino Corp showa 40 2

リバーサイドGPで活躍したコンテッサGT

(日野社報、昭和40年2月より抜粋)
(Updated 2019.8.10)


Back to 当時の日野社報からモータースポーツ関連を抜粋


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。

Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研