日野のレーシングカー:クローズド 2座 - 日野GTプロト


(IN WORKING)

1号車:右ハンドル】

 完成直後、早速1965年3月5日社内展示会、ここでは右には研究開発用に購入したクーパーFⅢ、さらにのクーパーを基に製作したデルマークⅢの一号車が比較展示されました。

 1965年6月:1号車、日本自動車研究所 (JARI茨城県谷田部) で最高速度200km/hを記録したそうです。

 初めての高速試験でしょうか?バンク下のショットであり、後部のウインドウが無くなっています。高速時のボデー境界面の内外のプレッシャーの差によるもとの分析します。ボデー内部の圧力が高まることへの対策が未熟であったのでしょう。

 この1号車は1966年末、最終的に廃棄処分となった。

【2号車:右ハンドル】

 デル・レーシングモーターカンパニーに製作委託されました。1965年6月末完成予定は1966年1月にずれ込んだようです。テストが目的だった個体でした。設計・技術を主体とする日野自動車の技術陣とプロドライバーを主体とするデル・レーシングの間にレーシングカー製作の大きな違いがり、帰納法的に展開する日野は演繹法的なデル・レーシング製作の個体に大きく学びものがあったようです。この2号車は、1966年末、最終的にパワーユニット無しの状態でデル・レーシングに支給となりました。

【3号車:右ハンドル】

 1965年9~10月、輸入部品 (Cooperの部品と分析) 遅れるも完成しました。1966年4月にかけて姉妹である4号車と共にエンジンと共にテストに供されました。1966年末、最終的に廃棄処分となった。

【4号車:右ハンドル】

 1965年10月完成、基本的に3号車と同一仕様、テスト・走行結果が反映されました。その後、1965年10月28日〜11月11日第12回東京モーターショーに「日野コンテッサGTプロト」として出展されました。

 このショーのホイール (Cooper Car Company製) のリムが綺麗にポリッシされていることに注意、日野自動車はこの時代からこのような文化があり、レーシングカーとしてイキを理解していたようです。

 この4号車は、1966年末、最終的にパワーユニット、リアサス、コントロール関係など無しの状態でデル・レーシングに支給となりました。

  以上の4号車までが所謂、「日野GTP」あるいは「日野GTプロト」(第12回東京モーターショーでは限定的に「日野コンテッサGTプロト」と呼ばれる) と言われるもので、この後のの5号車以降は本命となる「日野プロト」と言われるものになる。

 以下の可能な限りの画像を紹介します。

GTP、1号車完成 (1965年3月)

20181007 GTP 1
20181007 GTP 2
20181007 GTP 3
20181007 GTP 4
20181007 GTP 5


GTP、1号車 車内展示会 (1965年3月)

20181108 GTP Initial Intro


GTP、1号車 日本自動車研究所 (JARI) 試験走行 (~1965年6月)

20181008 Hino GTP 10
20181008 Hino GTP 12
20181008 Hino GTP 15
20181008 Hino GTP 11
20181008 Hino GTP 13
20181008 Hino GTP 14


GTP、4号車 第12回 東京モーターショー (1965年10月)

196510 TMS GTP 1
196510 TMS GTP 2


(Updated, 2018.10.8)

HIno Racer GT Proto Number 1


Back to 日野のレーシングカー


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研