2008.11.25:あるGPレーサーとのお別れ


 この日の数日前、思わぬ訃報が飛び込んで来ました。それは日野の当時のワークスドライバーであり、最高のRR使いの名手だった山西 喜三夫さんだったのです。

 とにもかくにも、告別式の行われる都留市(山梨県)に向かいました。山西さんは日野レーシングチームの日野プロト(J494)やデルレーシング(NAC)のコンテッサのグランプリドライバーとして雲の上の存在でした。ボクが昭和40年代半ばまだコンテッサでレースをしたいと言う友人のサポートをしていた時代、その彼は当時の目黒のデルオートで自身のコンテツをレーシングマシンヘの改造を委託していました。そこでの話は、彼がコンテツのレーシングドライブをマスターするには、山西さんから教えてもらえと、そして同乗して、ブレーキングペダルのタイミングを間違えるとその場で足蹴りにと、そうやって体で学ぶしかないと、、、、とすごい人だなとイメージしていました。

 そして80年代の半ば、その伝説的と想い描いていた山西さんから直接電話をいただいたのです。その当時のある雑誌にボクがTACSの鈴木会長からのコンテツ取材の記事を見たということでした。お会いして色々とコンテツのこととかドライビング方法を初対面ながら勉強させていただきました。

 その後、結果的にボクのコンテツでお互い手弁当でTACS/JCCAに筑波に参戦することになりました。そこではプロとしての貴重な意見をいただきクルマのチューニングについておそらく10年かかるようことを一回の参戦で学ぶことになりました。これは本当にすごいとと今でも思い、参考にさせていただいたいおります。それはボクにとって一生の財産と考えます。例えば、ある時期の会話ですが、筑波で3秒アップしたいがどうするかの課題、山西さんは自分がドライブで1.5秒のゲイン、どこのコーナーで、あそこのコーナーでこれだけ可能、そしてボクがチューニングで1.5秒のゲインを受け持つ、すなわち積み上げて目標を立てどこをどう実行するかするかのクルマのチューニングです。そんなようにしてクルマは強くなるもんだと、身をもって会得させていただきました。

 さて、告別式の会場に入るとこれ以上ない驚きがありました。遺品というべきか、そのように理解するべきものがテーブルに飾られていました。そこには何と、ボクのクルマをドライブした筑波の第一コーナーのカウンター走行の写真が中央に鎮座しておりました。

20081125 Yamanichi Kokubetsusiki


 そばに居られた娘さんのお聞きしたところ、当時(1983年)ボクがお贈りしたこの写真(撮影:鈴木 陽一郎氏)は山西さんのご自宅にずっと大切に飾られていたとの事です。ボクは緊張とともに敬意を感じざるを得ませんでした。

 告別式、初七日の法要、そして本当に最後のお別れを交わし、火葬へと進みました。そこではご家族の皆さんと奥様との出会い当時から当時のデルレーシングそしてHPEへと懐かしい想い出話となりました。

 <<合掌>>

 以下に山西さんの勇姿をまとめました。実は、ボク自身、自分で撮っている写真が実はゼロだったのです。レース場ではやること山のようにあり、写真を自分で撮っている余裕はありません。しかし、皆さんのご好意で手元も保存してあります。ご協力いただいて来た皆さんにここで感謝申し上げます。

【想い出のアルバム:RR使いのプロの神髄を華麗に披露】

19830923 JCCA Yamanishi

 1983年9月23日の秋分の日に開催されたTCAS筑波のP2クラスに参戦しました。第一ヘアピン、後続の2000GTBに比べてコンテツを駆った山西選手のドライブはコーナー前から姿勢を変えてカウンターを決めてロールもなくコーナーに突っ込んで行く走法でした。実はこの日はボクがスポーツ走行でエントリーしていました。前日たまたま山西さんと電話で会話し、ドライブしたいということなったものの、やはりそこはプロ、レースでなければと、そこでTACSの鈴木会長に連絡をすると、「明日来て下さい」の一言で参戦となりました。おおらかな時代でもあったのです。

 当日は、第一ヘアピンで奇麗なカウンターラッシュ (正確には、リヤエンジン車による慣性ドリフト) となり観衆が釘付けだったとウワサがすぐにピット現場で飛びこんで来ました。しかし、ピットにいたボクは残念ながら見る事はありませんでした。(註を参照)

【想い出のアルバム:曲がらないコンテツ】

198605 car magazine copy

 カー・マガジン、1986年5月号より。1986年3月9日に開催されたTACS筑波のSJクラス。エンジンは強化したものであるものの馬力アップについては何も無いストック状態でした。足はセッティングを変えました。それが裏目にでました。見ても通りの曲がらないクルマに仕上げってしまいました。

【想い出のアルバム:ベストショット】

19860306 Welcome Hino

 これはボクが気に入ったショット(撮影:鈴木 陽一郎氏)。ボクが日野コンテッサクラブ(2008年11月に退会)のホームページのボランティアを不本意にも辞めざるを得なくなるまで長い間その表紙を飾らしていただいたものです。上記の1986年3月9日と同じ場面です。曲がらないクルマを絶妙のタイミングで記録いただだきました。

【想い出のアルバム:してやったり、S800軍団のサンドイッチを蹴散らす】

198706 Car Magazine

 カー・マガジン、1987年6月号より。この日はPクラスなのでナンバーを付けたまま出場、英国のクラブマンなどを想定・演出をしました。この時代のTACS (後にJCCA) ではコンテッサ1300は不当にも今日で言えばS68クラスに組込まれました。この日は現役時代になかったワンクラス上とも言えるバカッ速い4台のホンダS800と接戦、2台のS800に続いて3位を獲得しました。当時のスポーツキットのカム入りエンジンに山西さん曰く、これで60馬力くらいかな…とのことでした。さすがコンテッサ、コーナーが奇麗!ここでも他社に比べ圧倒的にロールが少ないです。しかし、この日もドリフトを試みるものクルマは言う事を利かなかったのです。

【想い出のアルバム:コンテツは斯くしてさばく】

19900310 Tsukuba Yamanishi

 1990年3月10日、JCCA筑波のS68クラスにて。この日は山西さん本来のドリフトが奇麗にきまりました。この姿勢でヘアピンを奇麗に抜けて行きました。ボクは残念ながらピットに居たので見ていません。ブッシュの材質の選定でクルマの性格を豹変させられることを身をもって勉強させていただきました。少し色気を出したエンジンが今までにないエキゾースト・ノートをかもし出しました。それはEngleのカムを入れていたのです。山西さんの「これで65馬力程度」かと評価でした。しかし予選ですでにトラブルをかこっていました。本戦は途中でリタイヤとなりました。最終的に原因はヘッドの腐食による2/3番燃焼室の貫通だった。それに至るまでのタイミングやカムのリフト量、そしてスーパートラップによるバックプレッシャーなど多くの要素を分析できました。

【想い出のアルバム:もくろみ通り】

199101 Tipo No.19 JCCA w800

 Tipo、1991年1月号より。「JCCAで見たスタイリッシュ・マシン」に登場。プロのカメラマンはヘアピンでのカウンターを奇麗に捕らえていました。さすがです。山西さんの全身体重移動での満身のステアリンさばきが伺えるショットです。また、文面の「スーパートラップ」と「ベル・ヘルメット」は実によく見ています。これはボクの演出でありました。そうお書きいただいたアメリカンはもくろみ通り!おそらくライターさんこそアメリカン好きとボクは推測します。

【想い出のアルバム:曲がらないコンテツ、曲がるステアリング】

20090507 Steering Vent

 告別式の際、奥様から「あの人達(デルのドライバー)が運転するとハンドルが曲がるのよね」との会話がありました。正にその通り、写真ではよく見えないが、右手やや上がおよそ1cm弱ひん曲がっています。コンテツが曲がる以前にハンドルが先に曲がっていたようです。コンテツの素晴らしいデザインのハンドルも実はせいぜい街乗り程度の品質で本物のナルディなどにはほどほど遠かった当時の歴史と文化の差の証でした。

【2018.12.16:あれから10年!】

 永遠のお別れをして早10年となりました。本日 (2018年12月16日) 、本タイトルの旧コンテンツを思い出し、若干修正を加えてここにアップしました。

 最近では上記に記述したJCCAのレースも昔に比べてとんでもなくホットになり、自宅から筑波 (あるいはFISCO) に自走して1日レースをして、また自走して戻るような光景ではないようです。また、クルマのチューニングも当時以上に高度なものになり、素人がチューンして楽しむというレベルではなくなったと見ております。特に日野コンテッサ1300のようにマーケットに新たな部品もなく、チューニング出来る人財も難しい状況でこれらを考えると、また特に金銭面など考慮すると絶望的な状況と考えます。

 しかし、昨今の展示主体の多くのイベントでは走る機能がまったくスポイルせざるを得ません。クルマ本体の走ると言う文化感を感じることが出来ません。博物館なども含めて展示主体で当時活躍したクルマを残すことは個人的には賛成出来かねます。クルマは走ってこそ文的価値があります。また、ドライバー含めて走る方法は特に文化的な意義があると考えます。自動車メーカー (日野自動車含め) や自動車博物館にもぜひそのようなことを理解いただければ幸いです。少なくとも絵画は実物を見て感動、音楽は生の演奏を聴いて感動、そして自動車は実際にそれなりに走ってこそ感動なのです。サウンドや匂いなど含めて文化なのです。それぞれに後世に伝えるべく役割が明確な意思をもってあるのです。ただ陳列されているクルマがどんなに綺麗にみても、それは感動を生むレベルには程遠いと何時も考えています。

 そんな背景があり、自分としては、出来る範囲でコンテッサ1300を走らせたいと実践しています。

 上記の曲がるハンドル、普段使いに適宜使用しています。これよりも良いモノを持っていますが、魂の入った曲がっているハンドルを今だ愛用しています。(以下の画像)

20170629 Steering Yamanishi


(註)この写真を撮っていただいた方は実は今となっては不明です。当日、色々な角度で写真を撮られ、その後、ネガを頂戴しております。もし、これをご覧になっておられましたら、ここにインプットいただければ幸いです。


(SE、オリジナル:2008.12.1)
(Revised : 2018.12.16)


From Diary (過去のダイアリーから) トップ


本ページへのコメント&意見はこちら迄 (実名表記にて) 。
Any Comments to here would be appreciated (Please Use your one name)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。

© 2004-2018 HinoSamuri.org  - ヒノ・サムライ研