BLOG

群れない、慣れない、頼らない - コンテッサ道

 Daily Life with My HINO!


2024.6.13 我が家の宝物 - とても素敵なプレゼント


 ここのところ、グループLINEのビ筑HISのスレッドで先の第三戦参加出走の赤ボデー&白ルーフのローバー・ミニをネタに諸々話が盛り上がっています。

 実はこのカラーリングのミニ、1966年当時、サムライコンテッサがカリフォルニアのセダンレースでどうしても勝てなかったのです。しかし、最終戦で何とか勝ち、その勢いで1967年1月の船橋サーキットで奇しくも同カラーの国内のミニと対戦、因縁の戦いはサムライコンテッサに軍配がありました。

 実はそんな時代を知るパリダカのレジェンド、菅原義正さんとある時期、お話しする機会がありました。サムライコンテッサや日野自動車のパリダカで盛り上がりました。

 後日、画像のような菅原さんの1970年前後の無敵の黒崎内燃機のミニとホンダ1300の貴重なミニカーが送られて来ました。実に粋な計らい、我が家の宝物になっています。そんなことを思い出すこの頃です。


2024.6.9 日野コンテッサ1300クーペのブレーキ - 本当に効かないのか? (16)


Mobirise Website Builder

 本課題、長くなりましたが終結&収束するための纏めです。過去、1年余り、誇大妄想含め、色々と具体策を検討してきました。整理してみると画像のようなデシジョンツリーにしてみました。すなわち、
 方法1:無改造でアップグレード
 方法2:キャリパーをアップグレード
 方法3:ローターをアップグレード
 方法4:ローター&キャリパー共にアップグレード

 と、なります。この後、各々について、検討した内容を記述しましょう。そしてその前に重要な前提事項を以下の様にしました:
 1. 13インチホイールが使える。
 2. コンテッサの美点であるバネ下荷重を大きくふやさない
 3. コンテッサ側を改造しない、あるいは壊さない。
 4. 補修品の部品が安価且つ入手容易なこと:ローター、パッド、シールなど。
 5. パッドホルダーがブラケットでなく、キャリパー側であること。
 6. 取付構造がシンプルなこと。
 7. どこでもだれでも整備できること。
 8. 加工量が少ないこと。すなわちコストが減らせる。


2024.6.8 数週間ぶりにホームページを更新!


Mobirise Website Builder

 5月の半ば以来、数週間ぶりにホームページの更新をしました。と、いうよりはできるようになったと言うのが正確な表現です。

 先月のブログ、「2024.5.8 ネット上の登録情報 - 最も厄介な人生のお荷物?」にあるように、終活プロジェクトの一環でHinoSamurai.orgのサーバーの契約先を国外から国内に移しました。

 ホームページ自体は、国外の旧サーバーからダウンロードし、国内の新たなサーバーにアップロードできました。しかし、Webデザインソフトでのアップデートに難儀していました。

 やはり、自分の勉強あるいは理解不足でした。この歳になってもルーチンでない変更作業は不得意であります。ちゃんと、冷静に進め、更新が可能となりました。この国内のサーバーはアップロードの速度が実に速い、10倍くらい向上したのではと思います。


2024.6.6 フランス、ノルマンディー上陸作戦から80年、式典開催!


Mobirise Website Builder

 この日はこのニュースが多く報道されました。特にロシアによるウクライナ侵攻、ゼレンスキー大統領も招かれ、世界の西側の首脳が参加し、フランス北西部ノルマンディー地方で、記念式典が開催されました。(Normandy landings)

 画像はノルマンディーのディエップ (Dieppe) の当時のアルピーヌ・エンジニアリングの地元テストコース、Aéro-Club de Dieppeの飛行場 (Google Map) です。この地でアルピーヌ製日野コンテッサ1300GTの初期走行テストも実施されました。その一角には第二次世界中、ノルマンディー上陸作戦以前に、フランスが自由を取り戻すために自らの命を犠牲にしたパイロットの戦死者のモニュメントがありました。(L'opération Jubilee)

 このディエップもノルマンディー上陸作戦の一部にあり、街の博物館 (Château de Dieppe) には当時の壮絶な状況を物語る展示物があります。おそらくこの小さな飛行場も戦いの場になったのでしょう。

 毎年、6月6日のノルマンディー上陸作戦の記念イベントのニュースを目にするとディエップ の街やこの飛行場を思い出します。アルピーヌ社を訪問するために出向いたディエップでしたが、街のランドマークをいろいろ散策したのがいい勉強になったと思います。(Manufacture Alpine Dieppe Jean Rédélé)


2024.6.4 1989年6月4日 天安門事件 勃発!


Mobirise Website Builder

 今朝ほどのNHKラジオ、「今日は何の日」、35年ほど前の1989年6月4日の中国の北京での天安門事件について報じていました。

 会社員時代、事件の6月半ばには北京経由で天津に出張を予定していました。しかし、この事件とともに数年努力をした社長肝入りの中国市場進出プロジェクトも消え去りました。

 画像はその際の天安門前のものです。思い出多くの暗中模索の中国ビジネスの根を生やすベーシックな努力でした。中国の政府、企業、街の生活、また日本のODA政策など実に多くの経験をさせていただきました。

 当時の天津は石炭の匂いと電話もない地方の町工場と農耕地でした。今日、Google Mapでみると実に近代的な都市になっているようです。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、江澤 智に帰属します。如何なる形式 (AI学習含む) での無断での再利用、複製、また再配布はご遠慮ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright Satoshi Ezawa. So note not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way (including AI learning).
All pages are not sponsored or endorsed by Hino Motors, Ltd.
全てのページは日野自動車のスポンサーあるいは裏書きのあるものでありません。© 2004-2023
HinoSamuri.org - ヒノ・サムライ研

AI Website Software